資産運用初心者の為に
豊な生活を目指して、株投資などにチャレンジしてみましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信用取引について
平成10年12月1日の法律改正で証券会社が自由に株券を調達してこれ
を顧客に貸し付けることができるようになりました。

それに伴って、品貸料(逆日歩)や返済期限などが顧客と証券会社の間で
自由に決めることのできる「一般信用取引」が導入されました。

それまで「品貸料や返済期限などを証券取引所の規則できめる信用取引」
を制度信用取引ということになりました。

ここしばらくの間、制度信用取引と一般信用取引には変則的?な状況がみら
れます。例えば:

2月2日現在の二つの信用取引の残高をみますと:

 買残 → 制度信用取引87.3% 対 一般信用取引12.7%
 売残 → 制度信用取引67.6% 対 一般信用取引32.4%

となっています。

なぜ一般信用取引の「売残」が多いのか、を個別銘柄でみると、ある特定の
株?がいつも一般信用取引で売られていることがわかります。

しかもそれらの株が「空売りされなければならない理由」が必ずしもあるわ
けではないのですね。

それで私は:

証券会社の手持ち株のなかである程度まとまった株数があるものを、特定の
顧客?が「一般信用で・無期限に」売っているのではないかと推測しています。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://worldson.blog72.fc2.com/tb.php/99-02a457b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。